川内優輝がリオ五輪にいけない理由は?選考要項とびわ湖毎日マラソン

      2017/12/06

公務員ランナーとして有名な川内優輝が
びわ湖毎日マラソンに出場しますね!

しかし、川内優輝はリオ五輪に
出場することはほぼ確実にできません。

今回はその理由を整理して説明して
いきたいと思います!

川内優輝のプロフィール

川内優輝(かわうちゆうき)
s-NH20111204_0205
写真引用:sportiva-new.mediagalaxy.ne.jp

生年月日:1987年3月5日
出身:埼玉県久喜市
身長:172㎝
体重:59㎏
出身大学:学習院大学法学部政治学科

どこの実業団にも所属していないことから
「公務員ランナー」や「市民ランナー」などの
愛称で呼ばれていることで有名ですね!

3月6日に行われるびわ湖毎日マラソン
にも出場することが決まっており、
リオ五輪への参加は現時点で絶望的です…。

その理由を今回整理していきましょう!

リオ五輪の選考要項

川内優輝選手がびわ湖毎日マラソンを
走る前からリオ五輪出場が絶望的だと
言われている理由は

選考要項にあります。

リオ五輪に出場内定する手段を
簡単に説明すると2つに分けられます。

①即内定する手段
→2015年 第15回世界陸上競技選手大会で
マラソン8位以内入賞する

②選考によって内定する
→第15回福岡国際マラソン2015
東京マラソン2016
第71回びわ湖毎日マラソン

(1)この三つのどれかで日本人3位以内に入る
(2)この三つの大会で日陸連の設定記録
2時間6分30秒を出す

だいぶ細かい基準を省いていますが
こんな風になっています!

これだけを見ると川内優輝選手にも
まだチャンスがあるように見えますが、
厳しい条件がもう一つ…。

「②の(1)は三つの大会の最初に出場した
大会の記録を評価対象とする」

スポンサードリンク▼

という条件です。

ここに引っかかる理由は
川内優輝選手は福岡国際マラソンに
出場しており、走行中に足が痺れ
大幅に順位を落として日本人4位という
記録になっているのです。

日本人で4位ということはそもそも
選考の基準にすらならないという
ことを意味します…。

これらのことから川内優輝の
リオ五輪の出場は絶望的だと
言われています。

唯一残されている道は
びわ湖毎日マラソンで
日陸連の設定記録2時間6分30秒を
出すことです!

②の(2)条件は選考大会に
複数回出ても適用されるので
万が一達成できた場合は
リオ五輪の切符を手にすることが
できます。

びわ湖毎日マラソンの結果予想

Sponsored Link

川内優輝選手もこの期に及んで
びわ湖毎日マラソンに出場するという
ことはまだリオ五輪への出場を
諦めていないということだと思います!

今回は過去の成績や記録から
3月6日に行われるびわ湖毎日マラソンの
結果を予想していきたいと思います。

過去の成績と記録

スポンサードリンク▽

まず過去のびわ湖毎日マラソンの
結果から見ていくと以下のように
なっています。

2014年 びわ湖毎日マラソン
4位 日本人2位 2時間10分38秒

びわ湖毎日マラソンへの参加経験は
2014年に行われたときのみですね。

これだけでは信頼できるデータでは
ないですが、日陸連の設定記録からは
4分以上もタイムが離れています…。

ちなみに川内優輝の自己ベストタイムは
2時間08分14秒
2013年にソウル国際マラソンで記録した
タイムになります。

これらのことから考察するに
2時間6分30秒という記録を出すのは
ひじょーーーーに難しいと考えられます…。

市民ランナーで常に一般参加で
記録を出し続けている選手だけに
惜しいですね…。

けれどびわ湖毎日マラソンでは
全力で快走してほしいと思います!

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

招待選手についてはこちら!
ほとんどの人が次にこの記事を読んでいます。
関連記事:【画像】びわ湖毎日マラソン2016日本人招待選手まとめ!結果タイムと記録は?

Sponsored Link

この記事がおもしろかった!参考になった!
という方は下のボタンからシェアして下さいね~♪

Related Post

 - スポーツ