爆破予告などの犯行はどんな罪になる?過去の事例と実刑の内容は?

   

5月1日に関西学院大を含む小中学校、
高校に爆破予告が行われましたが
過去にもこのような爆破予告が
される事件は多くあるようです。

今回は過去の事例やどのような罪に
当たるのかを調べてみました。

Sponsored Link

爆破予告など過去の事件について

調べてみて驚いたのは2016年に
入ってから「爆破予告」に関する
事件が何件も起きているということです。

2016年の1月には
福井駅を爆破させるという内容の
事件で21歳の女性が捕まっています。

この事件に関しては
「福井駅ばくはします」と書かれた
メモを複数枚置いたという内容でした。

2月には仙台市、富山市、千葉県内の
複数の自治体に対して爆破予告が
行われていました。

仙台市役所に送られた内容は
「仙台市役所の施設内に
プラスチック爆弾を仕掛けた。
爆破時間は24日午後3時ナリ」
という内容が問い合わせフォームから
送られてきていたようです。

仙台市と同様に富山市や千葉県に
関しても似たような表現で予告が
されていたようです。

この事件に関しては犯人が捕まった
というニュースはありませんでした。

その後3月には千葉県の松戸市役所に
爆破予告をしたとして、
埼玉県の大学生が逮捕されていました。

さらに別件で4月19日には
北海道新幹線に爆弾を仕掛けたという
電話があったという事件も
起きていました。

いずれも不審物は見つかっては
いないそうです。

基本的にこれらの予告はいたずらに
終わっているようですね。

爆破予告などはどのような罪になるのか?

Sponsored Link

爆破予告などの事件で警察は
「威力業務妨害罪」の容疑で
捜査をしています。

どのような罪になるのか調べてみました。

【威力業務妨害罪】
威力を用いて他人の業務を妨害する罪。
刑法第234条が禁じ、3年以下の懲役
または50万円以下の罰金に処せられる。

引用:kotobank.jp

過去の例だと
本来必要のない警備・警戒を警察に
させたということから、
警察に対する威力業務妨害罪として
逮捕されているようです。

ただ気がかりなのは2016年に入って
から起きている同じような事件の
犯人がまだ捕まっていないものが
あるということですね。

すべていたずらで不審物が見つかって
いないからまだしも、
本当に爆弾が仕掛けられるようなことが
あれば本当に恐ろしいです…。

いたずら自体も良くないことですが、
事故につながるようなことだけは
起きてほしくないですね。

過去の事件については
こちらを参照しました。
時事ドットコム

まとめ

・2016年に入ってから爆破予告に関する事件が複数起きている
・爆破予告などのいたずらは「威力業務妨害罪」に当たる
・威力業務妨害罪は3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

関連記事:関西学院大学の爆破予告の犯人と内容は?GWを繋げたい学生のいたずら?
Sponsored Link

記事が参考になったという方は
FBTwitterでシェアしてみてはいかが?

 - 時事ネタ