たこつぼ心筋症の症状と原因は地震のストレス?治療法と心不全の危険性は?

   

エコノミー症候群と同様に
新潟県中越地震の際に発症数が増加した
病気で「たこつぼ心筋症」という疾患が
あります。

熊本地震でも注意喚起されています。

病態の詳細は未だ不明の病気ですが、
症状やその治療法について
まとめていきたいと思います。

たこつぼ心筋症とは?

たこつぼ心筋症とは、
左心室心尖部が一時的な収縮低下を
きたす、心臓に突然発症する
病気のことです。

簡単にいうと心臓の一部が収縮
しなくなる病気です。

その際の左心室収縮時の形が
“たこつぼ”に似ていることから
たこつぼ心筋症と呼ばれています。

たこつぼ心筋症の症状

・突然の胸の痛みや苦しさ

・全身のだるさ

・呼吸困難

上記のような狭心症や急性冠症候群に
似た症状が出ます。

特に高齢の女性に多く、
病気の性差も「男性:女性=1:7」と
女性のほうがかかりやすい病気です。

心不全の危険性とその治療法とは?

Sponsored Link

一般的には良好で自然に治癒することが
多いようですが、急性心不全・
心原性ショック・心破裂・心腔内血栓を
形成する場合や再発の恐れもあるため、
入院する必要があります。

治療に関してはたこつぼ心筋症と
診断されるまでは急性心筋梗塞の
初期治療を行います。

治療は入院して経過観察を行うのが
基本です。

軽快しているか心エコーや心電図、
心筋逸脱酵素などで経過観察を行います。

たこつぼ心筋症が発症したからといって
手術を適応することはないようです。

病気の発症はストレスが原因?

発症の仕組みはよくわかっていません。
しかし、精神的なストレスが影響していると
考えられています。

特に自然災害時にはたこつぼ心筋症の
発症が増えることが報告されています。

しかし、明らかな原因がなく、
持病を持っていなくても発症する
例もあるようです。

そのため、胸が苦しかったり、
息苦しいなどの症状が出た場合に
医師の相談する必要があります。

まとめ

・たこつぼ心筋症とは、心臓の一部が収縮しなくなる病気。左心室の形がたこつぼのように見えることからその名前が付いた。

・症状は、「突然の胸の痛みや苦しさ」「全身のだるさ」「呼吸困難」などが挙げられる。

・病気の原因は正確には不明だが、精神的なストレスが影響を及ぼしていると考えられている。

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

Sponsored Link

いつも記事を読んで頂きありがとうございます。
記事が参考になったという方は
FBTwitterでシェアしていただけると嬉しいです!

こちらの記事も読んでね。

こんな事も話題でした。  エコノミークラス症候群の車中泊時の予防対策は?初期症状と死亡率

 - 病気系