島根県邑南町で起きた落石事故の場所はどこ?事故の原因は?

      2016/05/05

5月4日の午後3時55分に島根県邑南町
戸河内の県道を走行中の車に落石が
ぶつかるという事故が起こりました。

今回はその場所や事故の
原因について
考察していきたいと思います。

事故の概要と場所は?

e785fb1e47ccbafed1b8a121ecadfe53_s

事故の概要がこちら

島根県邑南町町戸河内の県道で、
直径約1メートルの石が山側の
斜面から落下し、
女性が運転していた軽乗用車の
助手席を直撃した。

運転手の女性にけがはなかったが、
助手席に座っていた女性は全身を
強く打って病院に運ばれ、
まもなく死亡した。

現場は島根県浜田市と広島県三次市を
結ぶ片側1車線の主要地方道とされて
いますが、場所はどこなのでしょうか。

調べてみたところ、
島根県浜田市朝日町から
広島県三次市作木町大津を結ぶ
主要道路は
島根県道・広島県道7号浜田作木線という
道路でした。

事故が起きた場所は島根県邑南町戸河内と
報じられていたので県道7号となると
下記地図の場所が事故現場だったのでは
ないかと考察しています。

2
出典:Google Map

落石事故の原因は?

Sponsored Link

同じように落石が車に直撃するような
事故が4月末に起きていました。

そちらの事故では落石は直径4メートルを
超えた石が車を直撃しており、
車はつぶれていました。

大分県での落石事故について

その事故は大分県日田市の市道で
起きており、地震の影響で落石が
起きたようです。

今回のケースも天候や風など
自然の力が原因で起きてしまった
事故なのではないかと思います…。

難しい話だとは思いますが、
落石の危険性があるような場所は
できるだけ防護柵の設置とかを
していく必要があると思います。

また事故現場は川に沿って緩やかな
カーブが続く道路だったとのことなので
恐らく地図の場所だと考察しています。

自然に起こったものかもしれませんが、
このような事故が今後起きないことを願います。

まとめ

・島根県邑南町で起きた落石事故の場所は邑南町戸河内の県道7号だと考察
・大きな石の落石は地震や雨などで起きることが多い

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

関連記事:韓国の加湿器用殺菌剤オキシーサクサクで死者多数?毒性化学物質PHMGとは?

Sponsored Link

記事が参考になったという方は
FBTwitterでシェアしていただけると嬉しいです?

こちらの記事も読んでね。

こんな事も話題でした。  BugLug一聖の重症頭部外傷は大丈夫?怪我の後遺症と今後のツアーは?

 - 事故系