原口文仁の成績と経歴は?過去の腰の怪我や出身中学と高校はどこ?

      2016/05/03

阪神の育成契約の原口文仁と支配選手
契約を結んだことが発表されましたね!

今まで故障などで入団後に育成契約に
なっていました。

今季は2軍スタートでしたが、
1軍に合流し成績を伸ばして見事支配下に
復帰しました。

今回は原口文仁の成績や経歴、
過去のケガや出身校について
書いていきたいと思います。

Sponsored Link

原口文仁のプロフィール

原口文仁(はらぐち ふみひと)
123
写真引用:ameblo.jp

生年月日:1992ねん3月3日
出身:埼玉県大里郡寄居町
身長:179㎝
体重:78㎏
打球・打席:右投右打
ポジション:捕手

2009年にドラフト会議で阪神に
指名されて契約金3000万円
年俸480万円という条件で入団しています。

出身の中学と高校は?

出身高校は帝京高等学校
この高校は中高一貫校ですが
中学校は寄居町立城南中学校出身です。

中学時代は寄居リトルシニアという
硬式野球チームに所属していました!

現在は深谷彩北リトルシニアという
チーム名に変わっています。

原口文仁の成績と経歴は

Sponsored Link

2010年 ウエスタンリーグ公式戦では
9試合出場し、打率は.143(7打数1安打)
いう結果に終わりました。

2011年のウエスタンリーグでは
公式戦48試合に出場し、
打率は.329(79打数26安打)という
結果でしたが、ホームラン2本、
11打点という好成績を出しています!

しかし、2012年のシーズン開始時に
腰を痛めており戦線から離れています。

5月に練習に復帰したものの、
腰を再度故障しており、
ウエスタンリーグの成績も
16試合出場で打率.189(37打数7安打)
という成績になりました。

その影響もあって、育成選手契約に
移行して、背番号も52から124へ
変わっています…。

かなり悔しい思いをしていた
でしょうね。

2013年にはデッドボールを受けて
左手尺骨を骨折しています。
それもあってか17試合の出場で、
打率.263、2打点という成績結果で
終わっています…。

2014年は公式戦57試合に出場し、
打率.264、ホームラン5本、13打点
記録して育成選手として再契約しています。

2015年はウエスタンリーグ59試合出場、
打率.220、ホームラン4本、11打点を
記録し、再度育成選手として契約。

そして、今回2016年4月に
念願の支配下選手契約が結ばれた
というわけですね!

今季の18試合では打率.298(47打数14安打)、
ホームラン3本、8打点と好調です。

プロ入り後のケガ

2012年には腰を痛めていますし、
2013年にはシートバッティング中に
左手を骨折するなど、
プロ入り後は何かとケガに
見舞われていました。

そんなこともあって結果を
残せていなかったため、
戦力外が危ないと思われて
いたようですね。

しかし、打撃も守備も穴がないことから
将来的にはバランスよく高いレベルで
活躍できる選手としての可能性が
秘められているため期待されています。

今回の支配下選手契約をきっかけに
大きく活躍していってほしいですね!

まとめ

・原口文仁は帝京高等学校出身!中学は一貫校で帝京中学校と推定
・プロ入り後は何かとケガに見舞われて結果を残せていなかった
・2016年4月に念願の支配下選手に復帰!

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

Sponsored Link

記事が参考になったという方は
FBTwitterでシェアしてみてはいかが?

 - スポーツ系