2017年新ワード続々登場女子高生流行語大賞!あなたはいくつわかるかな?

      2017/12/10

インスタ映え

先日発表されたユーキャン新語・流行語大賞2017。

今年は「忖度」と「インスタ映え」の2語が年間大賞になりました。

トップ10には「35億」「Jアラート」「睡眠負債」「ひふみん」「フェイクニュース」「プレミアムフライデー」「魔の2回生」「○○ファースト」が選ばれた。

そこで、今回は女子高生の間で流行った言葉を紹介していきます。

ちなみに去年の大賞は「まんじ」。

これは調子に乗っている意味などで使われるそうですが、今年も新たな言葉が続々登場します。

それでは今年流行った言葉の中から認知度の高いベスト10を紹介していきます。

女子高生流行語大賞

Sponsored Link

第10位「オーマイゴッドファーザー」

ピンチのときに使う言葉、実はある若手芸人のギャグなんです。

今注目の若手お笑い芸人「フースーヤ」の一発ギャグ。

フースーヤ

出典https://profile.yoshimoto.co.jp

第9位「○○に使っていいよ」

SNSなどに投稿された、まるでデート中の写真。

「デートなうに使っていいよ」などと投稿。

今年女子中高生の間で大流行したんです。

芸能人の方も「彼女とデートなう。に使っていいよ笑」と投稿しています。

橋本環奈

出典https://twitter.com

スポンサードリンク▼

第8位「○○ンゴ」

例)うまいンゴ、行くンゴなど

語尾に「ンゴ」をつけることで響きをかわいくしているんです。

これは元楽天のドミンゴ投手のリリーフ失敗を皮肉って、何か失敗したときに語尾にンゴをつけるようになったんだそうです。

ドミンゴ投手

出典https://plaza.rakuten.co.jp

第7位「(語彙力)」(ごいりょく)

言葉が見つからないときに使用。

自分に語彙力がないことをあえてアピールするために使うそうです。

第6位「泣いた」

悲しいことがあった時に使うのかと思いきや、「楽しすぎて泣いた」「かわいすぎて泣いた」など、感情を伝えるときに使用。

喜怒哀楽に対応可能で、泣いたと言って盛り上がっているそうです。

第5位「○○な説」

自分が認めたくないことをぼやかすために説をつけた言い方をするそうです。

「食べ過ぎて太っちゃった説」や「クリスマス一人でいる説濃厚」など。

第4位「リムる」

これはremove(取り除く)を省略してSNSでフォローしている人を解除することを表す言葉。

第3位「チキる」

スポンサードリンク▽

弱気な人、様子を表す言葉で、励ましたり盛り上げるときに使うそうです。

第2位「LJK」

「LJK」とは何の略か気になりますよね。

ラストじょしこうせいの意味。

卒業を控えた3年の女子高生のことなんです。

SNSのプロフィール画面やハッシュタグで使用され、よりたくさんの女子高生に認知されたさそうです。

ちなみに1年生はFJK(ファーストじょしこうせい)

2年生はSJK(セカンドじょしこうせい)と呼ぶそうです。

第1位「インスタ映え」

女子高生の携帯電話のなかにはたくさんのインスタ映え写真が。

インスタ映えとは、PC、スマートフォン向け写真共有SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のInstgramに投稿した写真や、その被写体などに対して見映えがする、おしゃれに見える、という意味で用いられる表現。「Instgram 」と「写真映え」を合わせた造語です。

スイーツ

出典https://www.pinterest.jp

まとめ

皆さんはいくつわかりましたか?

毎年、この時期になると流行語が気になりますよね。

来年はどんな流行語が出てくるのか楽しみです。
Sponsored Link

FBなどで「いいね!」もお願いします^^!
アイキャッチ画像引用元:http://image.itmedia.co.jp

 - 時事ネタ